1. ホーム
  2. リノベーション

ARCHIVE

  • 中古住宅でリノベーションでも住宅ローン控除は利用できますか?

    住宅ローンと言えば住宅ローン控除だけど中古でも使えるの?中古住宅を購入して理想のライフスタイルをリノベーションで実現。やってみたいけど、結構わからない事があるから不安ですよね。例えば、リノベーション費用まで含めて中古住宅を購入するにあたって住宅ローンを使うんだけど住宅ローン控除って利用できるのか? 結論としては使えます!というよりは使えるものがあります。の方が正しいかな。例えば、中古住宅の場合、築年数が20年以内(耐火建築物は25年)と決まっています。あまり古い物件だと、ちょっと建物的に大丈夫かなという感じでしょうか。 しかし、気に入った物件が決められている築年数を超えていたら。実はその場合の方法として3つの方法があります。それがこちら。・耐震基準適合証明書・既存住宅売買瑕疵担保責任保険契約・建設住宅性能評価書このどれかを中古住宅が取得していれば住宅ローン控除が利用できます。 すごく難しい漢字が並んでしまいましたね。簡単に説明すると、古い建物でもしっかりした建物ならOKですよって事です。 これ以外にも利用する方法もありますが、一旦このあたりを線引に築年数を確認しながら物件を探して築年数がだめなら上に書いた評価基準に沿っているか確認してだめだけど、どうしても気に入った物件ならその物件について調べてみるのが良いかもしれませんね。 ちなみに余談ですが、今は補助金なんかもあるので実は、住宅ローン控除に拘らなくても、それと同額程度の工事の補助が出る場合もあるので、そちらを検討してみるのもありかもしれません。いずれにしても、こういった情報収集をしながら物件を探すという事がとても重要で、ちょっとでもお得に買えるコツなのかもしれません。是非一緒に物件を探しながら検証していきましょう。 もし、リノベーションのわからな事や気になっている事があればお気軽にご連絡ください。あっ、あとリノベだけでも住宅ローン控除いけますんで一応追記しておきます。

  • 右京区から中京区、伏見区、東山区と中古物件の撮影に大移動。

    久しぶりに特選物件の撮影に行って来ました。ゴールデンウィーク前でちょっとバタバタ。急に緊急事態宣言が出るもんだから、色々大変。そんな中久しぶりに特選物件の撮影に。 めちゃくちゃ良い天気です。これぞ撮影日和。 なかなかリノベーション向きの物件に出会えました。こちら既に特選物件にて公開してますのでよろしければ、じっくりご覧になってください。価格、立地、外観、リノベのやりがい。どれをとっても合格点。>>>特選物件「この部屋だけの特等席がある。」とにかくQOL爆上がりという部屋ですので、是非ご一読を。 右京区から中京区へ移動して住宅街へ。こぶりですが、こちらもやりがい度合格点。一緒に回ったスタッフとも盛り上がりました。個人的には一階の床を落としてガレージハウスにしてしまうくらいでも良さそうなんていつもの妄想が膨らみます。 3件目は伏見の販売元の業者さんにカギを預かって東山へ!こちらはなんと店舗付住宅です。そのわりにはって感じの価格なので、特選情報があがるまで是非お楽しみにおまちください。 ちなみに、リノファクではフェイスブックやツイッターで新しい情報がキャッチできるので、興味のある方は(マニアックですが、、、)是非ご登録をお願いします。 >>>フェイスブック>>>ツイッター これからも、リノベの話だったりリノベ向き物件情報だったりリノベーションと中古不動産のワクワクする情報をガシガシお届けしたいと思います。

  • リノベーションしたい人に住宅を売りたい。

    リノベーションしたい人としてほしい人を繋ぐサービス。長く住んできた住宅だけど家族構成が変わる事で住み替えるというという方もおられると思います。子育てが終わって、子供たちが自立して行くというのは今の時代ならでは、愛着のある住まいだけど今までは狭く感じた住宅が広く感じてしまいます。 時代の変化の中で仕方なく住まいを手放さなければいけないだとしたら、次に住む人にも愛着を持って住んでほしくないですか。リノベーションをしたいという人は住まいへのこだわりも強いから絶対に愛着を持って住んでくれると思うんです。 もちろん買取専門の不動産会社さんに売るのもひとつの方法。少しのリフォームで留めてリノベーションをしない人だっていると思います。でも、せっかく長く住んできた愛情いっぱいの住まいだからこそそんな愛情をつなげるような売買契約が出来たら素敵じゃないですか。 先日もとある物件の調査に伺っていた時に売主さんから買主さんへ、この場所でしか手に入らないものをプレゼントされて、買主さんがとても喜んでおられました。 思いを繋ぐ中古不動産売買。リノベーションしたい人とリノベしてほしい人を繋ぐ。そんな幸せを繋ぐようなサービスにしたいな、なんて思います。今日は、暖かくなってきたせいか少しホットな感じのブログでしたー。   

  • 売却相談は修理する前に相談してください。

    売却したい人にもリノベーションという選択肢を持ってほしい。例えば家を売りたいなと思った場合。この状態で売れるのかな、何か手を加えた方がいいのかな。買い手のイメージが沸かないので売るのを躊躇する人もいるかもしれませんがそんな時こそ、当社のリノファクで紹介させてください。 売却の相談という形で、まずはご自宅やご所有物件に訪問して建物を拝見させて頂き、売却方法のご提案も行います。最近は新築では綺麗すぎてリノベーションに向いていないとあえて中古住宅を吟味される方も少なくありません。もしかしたら、あなたの物件もそんな方にぴったりかも。 とりあえず最低限の修理をしておかないと思って実は買いたい人にとっては意味のない修理をしてしまうことももしかしたら、買ってから完全スケルトンにして思い通りのリノベーションをしたいという方もいればうまく古い部分を活かしたリノベーションをする人もいます。 修理をしておいた方が、ぱっと見がよくなって購入者がイメージしやすくなると思ってしまうけれどそうとは限らないのが中古不動産です。 例えば、こんな感じで、どうぞリノベしてください。そんな風に聞こえてきそうな物件も売られています。 こちらの物件なんかは床すらありません、、、でも全然大丈夫、むしろその方が水廻りの配管がやりやすかったりメリットもあるんですよ。 こんな風に見る人によっては古い建具も見る人によってはレトロで渋い!なんて事も。多種多様な時代だからこそ、その人に合わせたリノベーションが向いている時代。だから、売却をお考えのときは一度、ご相談ください。 売却相談はこちらから。>>>売却相談。 先程の写真のようなリノベ向き物件情報はこちらから。>>>特選物件。

  • リノベーションは、やりすぎてる位が丁度良い。

    ドルミールさんに学ぶリノベーションテクニック。リノベーションってどこまでやっていいんだろう!?そんな風に漠然とフローリング、白いクロス、木目のドアといったありきたりな住まいしか思い描けない人もおられると思います。いざ憧れのリノベーションに取り組もうとしてもついつい無難?一般的?万人向け?といったスタイルになってしまう。形があるものを購入するのではなく、作っていくものだから当然、そういう心理が働くのもわかりますが思い切ってやりきるくらいが、実は丁度良いリノベかも。 今回は八坂の塔の真下あたりでお手伝いさせて頂いた金沢で行列のパフェの京都店ドルミールさんを参考に思い切ったリノベーションテクニックを紹介します。 まずは入口を入ったらラボをテーマにしたキッチンが横目に通過。床はモルタルで、黒い空間の中に明るく清潔な厨房。これは光の明暗を使ったリノベーションテクニックです。例えば、リビングとダイニングスペースの雰囲気を変えてみたり。廊下と寝室の空間のギャップを演出してみたり明るさだけでも、こういった魅せ方が出来るんです。ちなみに、調光といってライトの明るさを変える便利なものもあります。 木造なので天井は一部天井を落としたままの状態。建てた当時の木組は年月が経ってとっても雰囲気があります。階段までモルタルで塗り込んでます。スチールの手すりとの相性も抜群です。これはお店だからいいじゃないって思われるかもしれないけどお店にはたくさんの人が来るけれど住まいにはそこまでたくさんの人は来ないですよね。だからこそ、自分好み!自分が好き!といった住まいづくりをしてほしい。そんな時にお店のような空間に住みたいという人もおられると思います。 天井から吊るしたブリザードフラワーなんか最高に素敵です。壁は真っ暗で、床は古材風のフローリング、そしてフラワーの先には大きな窓。こういう空間が好きな人なら、こういう空間に住みたくないですか。本当にすごいスピードでライフスタイルの多様化が進んでいます。昔は当たり前だったが、今では通用しないことだらけ。だって、みんな勉強するのにスタバとか行ってるし。町のカフェもどんどんどんどん昔より洗練されたデザインになってるから家で勉強してる人の方がもしかしたら少ないのかも。ここまで、やっても、これらの写真を住まいだと思って見てみるとどうでしょ、そんなに違和感のないところまで感覚も変わってるはず。是非、リノベーションにこれから挑戦される人はやりすぎ位を狙ってみてください。 とはいえ、京都って町はなかなか難しくてさすがに外観まで、やりすぎリノベーションはNG。街の条例でこういう和の雰囲気を保つように指導する場所もあるのでそのあたりは、しっかり確認しながら進めましょう。とはいえ、この和の建物との室内のギャップも素敵だしこれもひとつのリノベーションテクニックですね。何より、プランニングは楽しみながらやってほしい。リノベーションをご計画中の方はお気軽にお問い合わせお待ちしております。

  • そのままの素材を使うリノベーションテクニック。

    古いものを活かすのは新築では出来ないリノベの良さ。先日オープンのお手伝いをさせて頂いた北区は新大宮商店街の美容室may様。すっごくかっこよくて、美容室だけど住みたい!まさにお店みたいな住まいのようなお店!そんな風に感じたので、ご紹介させてください。 場所は新大宮商店街の今宮通りを少し北へ上った西側はじめからアットホームな雰囲気にしたいと話していて出来たのがこちらのエントランス。全然家ですよね、看板がないとわからないくらい、、、でも、狙って作ってるんですよ。 なかでも、こちらの壁が今回のおすすめポイント。これ、何だかわかりますか?実は階段の後なんです。1期工事で下はテナント上は住居にするタイミングで階段の場所を外から直接アプローチできるようにしてその時の壁の後が綺麗に残ってました。いや、ほんと残しておいてくださって良かった。 結構こういう感じにしたいんです!って写真を持ってきてくださるお客様もいるのですがどうしても新しく作ろうと思うと難しい問題。もちろんフェイクでやれない事もないけどそれは費用もかかるし、ここまでの再現は難しいかな。だから、これこそリノベの特徴なんですよね。なので調査に入ったときは、そんなお宝さがしをしているように残せるものないかなって探してます。笑 だけど、さすがにこっちの壁は汚すぎたので補修をしながら良い感じに修理しています。とはいえ、これも素材があったからできたものまるで、アート作品のようですよね。ちなみに、この入口入って広々玄関は羨ましい。我が家はとっても狭くて困ってます、、、涙 あと、あまりしないんですが、グリーンの位置なんかもはじめから決めておくと、いいですよね。置きたいところにエアコンの風が吹いていて枯れちゃうとかあるんで、、、この物件は窓が大きくてとっても気持ち良い空間だったのでそこに何を置くのかとっても悩んで相談したのでこうして、素敵な美容室になって、とても嬉しいです。お近くの方は、是非カットに、そしてリノベの参考に、ご利用ください。 

  • 住宅ローンでリノベーションを行うメリット。

    昔は出来なかった!?リノベーションを組み込んだ住宅ローン。そんなに最近の話でもないのですが、知らない人が以外に多いのが住宅ローンにリノベーション費用を組み込めるというコト。中古住宅を不動産屋さんで購入してから、リノベは施工会社。支払い先も支払うタイミングも違うから、そう思われ勝ちなのは仕方ないけど。これって、とってもリノベーションで大切なポイントなんです。 そもそも、昔は出来なかったというのも住宅の改装の為のローンはリフォームローンと言って住宅ローンに比べると利息も高いローンなんです。これがどうして、出来るようになったかという理由は国が中古不動産をもっと大切にしたがっている事が理由。 今までは壊して建てて、壊して建ててといった新築を立てる住宅政策で建設業を盛り上げて経済も盛り上げてとやってこられましたが、さすがに今どきじゃないですよね。人口減少で人は減ってるし、処分するのも環境に悪い。そういう意味ではリノベって時代の流れって感じなんです。だから、住宅ローンでリノベの費用も見ましょうと国の政策として金融機関さんも動いている状況。 だけど、これが中々うまくいっていないのも実情です。理由は、中古住宅を販売するのは不動産会社さんでリノベーションを行うのは施工会社さんと対応先が違うから。銀行さんは中古住宅の販売価格とリノベ費用を一緒に確認したい。だけど、会社が別々だと中々スムーズにいかない。 逆に不動産会社さんは早く契約したい。これは、急かしてるのではなくて他の不動産会社さんも同じ物件を販売する事ができるからせっかく気にいってもらった物件を逃してほしくないといった親切心がお客さんを急かすという結果につながってます。 だけど、リノベーションの事はわからないのでそこは施工会社さんにお任せ。施工会社さんはリノベの事はわかるけど見積もりはいつまでに必要なのか?全体の住宅ローンの予算はどうなのかといった知りたい情報がわからないまま進めることも。 中にはリノベーションの見積もりは待ってられないと購入してから結局リフォームローンでお願いします。なんて言っちゃう不動産会社さんもまだまだいます。昔は出来なかったリノベ費用を組み込んだ住宅ローン簡単そうだけど会社が違うとなかなか難しいの実情。 当社では、そのあたりはどちらの仕事も出来るのでアドバイスさせて頂きながらおすすめ頂けます。ワンストップで中古住宅購入からリノベまではもちろん他社さんで購入される中古住宅のリノベも同じ様に。是非、なんだかうまくリノベの話が進まないなって感じられたら一度、お話だけでもお伺いさせて頂けますのでご遠慮無くご相談ください。

  • 音楽のある暮らしをリノベーションで実現する。

    音楽もリノベーションで充実させる事が出来る要素のひとつ。住宅リフォームでは、あまり考えない音楽ですがお店づくりでは、めちゃくちゃ大切な要素のひとつ。何気に外食に行った先で流れている音楽だけどとっても聞き心地がよくて、なんとなく心がワクワク。音楽の力って本当にすごいなって思います。 お店の場合は、はじめからどこに音源を置くか決めておきます。そこから、どこにスピーカーを置くのか、スピーカーの配線によっても音の出方が違ってくるのでそのあたりも考えながら計画して工事をします。 後からでもできそうと思ってしまうかもしれませんが後からスピーカーの配線を仕込もうとしたら配線は壁の中に入れる事ができないので露出配線といって配線が壁の外に見えている工事方法を取らざるを得ません。もちろんわざわざ穴をあけたり、工夫をすれば壁の中に配線をしまって綺麗に仕上げる事もできるのですが一度完成した壁を壊してやりなおすので費用もかかります。 今は昔に比べても音質の良いスピーカーもたくさんあるのでそういう機材を置くのもひとつの方法だけど機材を置くとなると置く場所がどうしても必要になります。例えば、お店でよくやるのが天井埋め込みにする方法です。これならすっきりとした空間で天井から音が流れてきます。まるでカフェのようなリビングが完成。是非、リノベーションをするときは音楽にも拘ってみてください。

  • ディテールに拘りまくれるのもリノベの良いところ。

    コンセント、スイッチ、取手、金物、とにかく拘りがポイント。お店づくりをしていて最近すごく感じてる事がディテールの大切さ。お店づくりでお客さんから色々なデザインの相談をうけてはそれに答える為に、必死で健在をググったり、納まりを職人さんと相談したりこんな風な事がなんとなくやりたいんですってのが多いのですがそれに答え続けるたびにリノベの引き出しが増えます。 そして、やっぱりそんな拘り要素が多いお店は雰囲気が違ってすごく良い店になったなあと思うことがすごく多いんです。例えば、コンセントも白いものだけじゃなくてシルバーのものやアメリカっぽいデザインのものからアンティーク風の加工のものまで最近はすごい種類のものが出ています。 他にも、ドアの取手の金物なんかもそう。もう既製品では辛抱できずに鉄工所さんで作ってもらったりとかもっとこんなん!もっとこんなん!が積み重なって本当に色々なアイデアが生まれています。お客さんもデザイナースタッフもみんな楽しんで新しいものづくりを挑戦しているという感じでしょうか。 なので、リノベーションをする人は絶対にそこは拘ってほしい。なんだか色々無理を言うのも悪いなとか遠慮するよりは絶対にこだわりをぶつけてものづくりをしたほうが良いです。そんなこだわりは職人さんにも伝わって、職人さんからもアイデアが出てきます。やっぱりものづくりしてる人って、常に向上心があるっていうかそういう乗り越えたい壁が好きって言うか。今日はなんとなくゆるいブログだけど、そんなリノベ目指してます。という事が書きたかったという感じです。リノベーションのご相談どんなことでもお気軽にご連絡ください。 ちなみに、トップの画像のコンセントはこちらで販売してますのでよかったら覗いてみてください。>>>テンポカスタム

  • 水廻りはリノベーションのポイント

    リノベで水廻りの位置を変える時のポイントとは。リノベーションは何でも出来る!それは概ね間違ってません。但し、一概になんでも出来るというのには誤解があります。フルスケルトンなら、自由な間取りが実現できそう。実は、水廻りの位置は特に慎重に決めていかないといけません。 お風呂はこっちで、トイレはあっちでと思い通りのレイアウトにしたくても最終的に水はどこへ流れていくのかがわかっていないと大変な事になります。マンションなら最終的に流れる建物の縦管と言われる排水管の位置はどこか戸建てなら、枡といって敷地の外に流れる排水につながっている経路に必ずと言ってよいほどある場所によって変わってきます。たまに古い物件で枡がない!塞がれているという事もあるのでそこは要注意。あと、かなり古くて今どき塩ビ管じゃなくて土管で陥没しているのもあるのでこのあたりは建物をしっかり調査しておきたいですね。 話はそれましたが、給水や給湯の配管は水に圧力をかけて押し出すので上に持ち上げる事もできますが、排水はそうは行きません。流れるところから、少しずつ、厳密には1mに1cmの勾配をつけながら途中で逆流しないように、入念に高さを確認しながら排水管を組み立てます。なので、最終的に流れるところよりも離れれば離れるほど設置位置が高くなって、床を上げたりしないといけなくなります。床をあげると当然天井が低くなるので圧迫感のある空間になります。 図面だけで、ああしたい、こうしたいと、考えてしまってこのように工事の事を把握せずに、安易に進めると後々大変になります。でも、どうしても場所を変えたいという場合にもそれはそれなりのテクニックがあります。間取りを変えない簡単なリフォームなら問題ないのですが色々挑戦してみたいリノベーションの場合は事前の調査がとても重要です。水廻り実はリノベーションのとても大切なポイントなんです。わからない事などあればお気軽にご相談ください。

  • TOP
  • 物件お問合せ
  • 無料会員登録
  • お気に入り
  • 最近見た物件